俳優より映画人として 生きたい・・・ハ・ジョンウ

[오동진의 영화, 영화인] '두번째 사랑' 주연 하정우


" お父さんは演技に 大きい 力… 学んで見るという 映画人 なりたくて"
d0100844_22392527.jpg

世の中の 男たちが 皆 花美男で 変わって ある 時, 相変らず 男性的な ばか正直さを 立てる 俳優が ある. 逆説的に このごろには そんな 男たちが もっと 魅力と 魔力を 持つ. 最近 入って 盛り 株価を あげて ある 賀正優(29) 街 そうだ. “ある日 朝に 覚めて見たら スターが なっているの アンドなのと 問って見る 方々が いらっしゃいますね. ところで 私も 無名時代が かなり 長かったんですよ. それなりに 来ると言う 前から 準備して 来た 俳優です.( 笑い) ”
ハ・ジョンウが スター級に 上がった 汲んだ 他人達と 少し 違う. 大きくて, 外形だけ そうな ような 映画を 通じては なく 全面的に 低予算, 非常業映画たちを 通じてからだった. ユンゾングビン 監督の < 容赦受けるの できなかった 定木>, キム・キトック 監督の < 時間> ような 作品が それだ. 今度に 新しく お目見えする キム・ジンよ 監督の < 二番目 愛> 銀 先に進んで ふたつと ような 系列ながらも また 違う 地点に 立っている. のぼったところ ‘作家主義的 商業映画’である 計算なのに, そんな 面で 賀正優には 新しい 挑戦と同時に きっかけが いい.

“キャスティング 提議を 受けて 出て 劇中人物である 金芝河のように なろうと 努力しました. 地しなさいという 人物は ニューヨークで ひとり 生きて行く 不法移民者ですよ. 社会的に ボール 時 アウトサイダーと同時に, 落伍者です. ニューヨークで 行って 撮影に 入って行くこと 前に わざわざ ひとり 通いました. 地下街 ひとり サルドッが ひとり 過ごそうと 努力したんです. ひとりで あちこち かけて 通って, 山登りも 通って, 時に 人々と まじて 食堂に 行っても 直接 食べ物を 運んで そうでした. 地下の 身は 労動で 作られた 固い 肉なのに, そうに 見えようとすれば ぽきっと ような 労動を すると すると 思った 位だから. ”

俳優が 劇中 キャラクターと 自分を 同化させること のために 努力する のは 当たり前な 仕事だが ハ・ジョンウの ‘メソド 延期法’は 少し もっと 酷い ところが ある. それは 彼が 顔と 外貌で ある 日 急に きらっと 浮かぶように なった のが なく, 中央大 演劇学と 出身で 延期に 大海 正しい 態度を 持つ ことから 学んだ だからだ. ここには お父さんと同時に 中堅 人気 タレントである 金用件 さん 役目も 大きかった.

“お父さん 影響は 絶対的でした. お父さんは演技に 大海 可とか否とか お話が ない 便です. それよりは 演技者は こういえば 中 なる, ゾロなら 中 なる して 生き方を 強調する 便です. 幼い 時から 演技者が なる ことと 思いました. < 貸し付け> 義 卵 派チノー ような 人が なって たかったです. 俳優よりは 映画人で 生きて行って たいです. 延期も して 演出や 時には 製作も する, 窮極的に フィルムメーカーが なって たい 蟹 夢です. ”

< 二番目 愛> 銀 事実 1 年 前に 終わらせた 作品だ. 1 月 アメリカサンダンス映画祭 競争部門に 招請される など むしろ 外から 注目 受けるために 国内封切りが 延ばされて 来た. これ 映画で 賀正優は ハリウッドの 浮び上がる 星 切りなさい 派米価 義 相手役で 上手な 英語実力も 誇る. “特別な 経験だったり したし, 最高の 経験だったり しました. 映画 内容が ものすごく 韓国的な 素材のように 見えるが, 誰かを 愛する 真の 心は 世の中 誰にも まったく同じな 感じの 話という ガール 分かるように 良いです. そうに 心が 一致する 人々が 一緒に 見る 作品です. ”

●二番目 愛
ふっと 尋ねて来た 愛… 女人の 自我探し

成功した 韓国係 ご主人 アンド類( ダビッ メックギニス) わ 暮す ソフィー( 切りなさい 派米価) 増えた そのようにや 願った 子供が 生ずるの ないで 絶望する. そうした ある 日 不妊センターで 精子を 売って 生計を 維持しようとする 韓国係 不法移民男性 金芝河( 賀正優) を 会って 自分も 驚く 提案を するように なる. 姙娠を 割 時まで 自分と 関係を 結んでくれれば 一定する お金を 支払うという の. 生活苦に 苦しんで 心細い 日を 送った 地する 彼 提議を 受け入れるように なって ふたつは ‘危ない 関係’を 始める.

徹底的に 通俗性の 外被を 使って ある ように 見えるが, キム・ジンよ 監督は 前作である < ギムジンアの ビデオ日記> 私 < グジブ 前> のように 今度にも 特有の 女性主義的 観点を 映画 中に 解いて おく. 奇妙な 仕事が きっかけが なることは するが 劇中 女主人公が 成功した ご主人と 鳥で 恋人で 受け入れるように なる 男と サムガックツックで 捜そうとする のは 結局 自分 自分だ だからだ. たいてい 女性の 自我探しを 新派 メールへの フレームで 話す 作品だ.

ハーバードで 韓国映画学を 教えて ニューヨーク インディ映画界に 人脈を 広げた ギムジンアという 財源が なかったら 不可能な 作品だ. < 人魚公州> を 製作した ナウフィルムと アメリカ独立映画社 ボックス3 街 手を取り合って 作った 実質的な 最初 韓米合作 プロジェクトだったり する. 純制作費は 30 余億ウォンで 半々 投資した ので 知られた. 外国, 特に アメリカ資本を 模範的に 引き入れた 事例で 韓国映画 製作方式の 新しい 電気が 用意する のでも 見える.
[PR]

  by woo2006 | 2007-06-13 22:40 | 二番目の愛 두번째 사랑

<< ハ・ジョンウ 映画に寄せる思い ハ・ジョンウ 人気が出ても変わ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE