ハ・ジョンウインタビュー「長続きする俳優が良い俳優だ」

[인터뷰] <두번째 사랑> 하정우 “롱런배우로 기억되고 싶다” 조회수 . 9872 | 2007.06.18
このTシャツのユーモアがハ・ジョンウと結びついて(笑)
d0100844_21324965.jpg

長続きする俳優が良い俳優だ. ハ・ジョンウは自分の位置に満足してシャンペンを早く噴き出したくなかった. きらっとスターの派手よりは俳優としての生をきちんきちんと積みたいという彼は 'ロンクラン俳優'で観客たちに記憶されたがった. 自分のフィルモグラフィーに積もる作品を見る度に気持ちがよくなるという彼は今自分がどの位置に立っているのか周辺人々が話してもそれが肌で触れないと言った. しかし 10年後の計画まで構想して置く彼は自分を絶えずむち打ちながら進むロンクラン俳優になる資格が充分にあった.

幼い時夢 - ハ・ジョンウは幼い時代から漠然と俳優になりたがった. 人々の前でさらして “あの俳優が夢です”と言えなかったが胸の中には俳優になりたいという熱望を消さなかった. 他の芸能人 2世たちのように親の力を借りてあつい人気に乗ることもできたが彼は自分の力にこの道を開拓して行きたかった. 恥にたくさん乗ってスッギもなかった脾臓よくすることができるか恐ろしさも先に進んだがなんだかしなければならないようだったししなければならないようだった.

浮き雲 - 幼い頃から浮き雲をつかむ夢をよく見たハ・ジョンウは俳優になれば当然ハリウッド俳優になると思った. 俳優になれば青少年時代から世界を歩き回りながら視野を広げることができる機会が与えられると思った. 現実があまり分からなかった時代, 彼の浮き雲は規模だけ大きかっただけ内実がなかった. “現実にぶつかってから状況把握になったんです” しかし彼は幼い頃借りたそんな可愛い夢を成したい心を捨てることができなかった. 幼い時代想像したこととは違う今の姿にがっかりするよりはより良い状況で作ることができる足場を作るために努力したこともそのためだった. 今現在自分がとどまっている位置を正確に分かっていた彼は不足な点を続いて満たして行ってばたつく過程を楽しんでいるように見えた.

オーディション - 今は作品を選んで選択することができる位置に立ち上がったが, 何年前だけでも状況は全然違った. 2002年時には韓国で製作される映画のオーディションはほとんど見るほどに彼は無名俳優だった. 当時ポータルサイトで彼の名前を検索すれば無茶な人が先に出るほどだった. あまりにも延期がしたかったが機会が与えられなかった. “7次まで間 <中天>のオーディションが思い出します. キム・ジョンウンさんが出演した <私の男のロマンス>もオーディションを見たが落ちました. 熱心に次第心血を傾けてしたと思ったが機会がめったに与えられなかったです.”

落榜 - オーディションでずっと落ちる状況が発生すると周辺から憂わしい視線が零れ落ちた. しかしハ・ジョンウは全然搖れなかった. 俳優として自信感と肝っ玉があったからだ. 鋭敏で肝が小さい性格の持ち主だが彼は心に決めたとおり解けないとか悩み苦しんだ事があっても中に盛っておいたまま吟り方がないと言った. “幾多のオーディションで落ちた時代, 私はいつ頃作品を選びながらして行くことができるか悩みが多かったことが事実です. ずっとこういっては年を取ってソルロングソルロング時間だけ過ごしてフリーターのように過ごすようだったです. 当時には俳優の生を選択することであきらめなければならない個人の生に対する未練も残っていたんです. ところがどうせ始めたことあげくを見たかったです.”

チャプレンとドお前で- 1990年度新沙洞ブロードウェー劇場で見た <モダンタイムズ>はハ・ジョンウにとってチャーリーチャプリンという俳優が好きにさせた. あの時からチャプリンに対する関心が大きくなったハ・ジョンウは彼の作品を捜してみながら演技に対する興味と魅力を分かって行った. また周辺友達が一人二人席を取る時いらだたないようにハ・ジョンウをつかまえておいた学ぶロバート・デニーロで同じ人だった. “ロバート・デニーロのように多様な作品をたくさんしたいです. 彼が出演した作品の中に <フランケンシュタイン>, <ケイプピオ>, <コメディーの王> などを特にもっと好きで. <コメディーの王> のような場合自分に与えられたごろつきルポトポブキン役をウィットありながらも魅力的に演技したようで良かったです.”

痛みの作品 - 中央大演劇映画科在学時代出演した <カルメン>は彼に忘れることができない痛みの作品だった. 自分のため演劇は台無しになってしまったし, 生まれてその時まで入った恥をかいてもっと多い悪口を先輩たちに入らなければならなかった. 感情の運営においても青臭かったし, 技術的な部分にあっても混乱が多かった時期だ. その作品を終わらせて舞台に下りながら '延期をやめると一つ'という極端的な考えまでした. しかしここで座りこんであきらめるには自分が歩いて来た時間を向い合う自信がなかった. 誰も経験する試行錯誤と思って, 次作品 <オセロ>を通じて不振を取り返ししたかった. “<カルメン>で凉しくできなかったものなどを <オセロ>という作品を通じて得ることができました. <オセロ>を終わらせておいてこれから演劇はやめて世の中外に出ようと言う決心をするようになったようです.”

選択 - ハ・ジョンウが作品を選択する時先に取りそらえて見ることは ‘感じ’と ‘真正性’だ. "映画が抱いている主題意識がどんなふうに観客と疏通しようと思っているのかそんなものなどを一番先に見るようです.” 断った作品の中で興行に成功した作品も多かった. しかしハ・ジョンウは自分にあう役目, 俳優として自分を成長させる作品を捜した.

震え - 演技すること面白い役目なら彼は比重にはこだわらなかった. これからは作品を選ぶことができる位置に立ち上がったが彼はまだ延期を始める時の震えることを心の中におさめていた. カンヌ映画祭, サンダンス映画祭など各種国際映画祭に熱誠的に参加しながら国際的な感覚を慣らしている彼は “いつも学ぶことがあまりにも多い”とインタビュー始終謙遜な姿を見せた.

さびしさ - <二番目愛>でハ・ジョンウはキャラクターの底まで残すことなしにすべて見せてくれる. アメリカ社会で少数民族として経験しなければならない悲しみ, 心細くて絶望的な時間を過ごした人からも出ることができる瞳などはさびしさの空気でいっぱいになった地下の心下積みまで打って下がる. 延期で生のエネルギーを得るハ・ジョンウは現場でニューヨークという空間が地下に押し付けた 'さびしさの荷物'を寝た中に引き入れるために努力した. “作品よりはキャラクターが気に入ったようです. 人間なら誰も持っている ‘さびしさ’という感情が ‘地下’というキャラクターによく付け出していてこの作品を選択するようになったんです."

エネルギー ハ・ジョンウ は現われないプロ精神と俳優根性を取り揃えた. シナリオリーディング合コンで初めにハ・ジョンウに会ったベラ・パミカは彼を置いて “こんなにエネルギーがあふれる俳優を会ってみたことがない”と言った位に, ハ・ジョンウは自分の世界だけの生をリードして行っていた. <二番目愛>で禁止された愛に落ちこみながらも自分が願うのが何なのか正確に分かる ‘地下’の能力はハ・ジョンウの延期エネルギーに似ている部分が多く見えた.

再充電 - ハ・ジョンウはまだ自分が俳優として腰を据えることができなかったと思う. 一作品を終わらせてからまた他の作品に入って行っても演技に対する喉の渇きは易しく解消されなかった. 一つの作品に夢中になる時, その作品で自分に与えられた役目を演技する時身が感じる感情を彼はその何とも変えることができなかった. 97年演劇舞台に出て観客と初めて交感したその時代から再充電の余裕もなしにのべつ幕無しに駆けて来た彼だ. 軍隊を早い次期に行ったことが自分のターニングポイントだったと言うハ・ジョンウは限りなく多いことを抱きしめようとする俳優に生きて行きたがった.

ベラ・パミカ - ハ・ジョンウが眺めたベラ・パミカは ‘人間的な俳優’だ. のように呼吸を合わせながら彼はありがたい感情と感動を一緒に受けた. “実生活でも良い人の香りを出すベラ・パミカはカメラの前でも良い演技を見せてくれました. 延期をしているという感じさえするほどに纎細だったんです. もちろん言語が違って人種が違うからお互いにもっと集中しようと思った剃りなかったのではないが言葉です.”

作業スターである - <二番目愛>を演出したキム・ジンよ監督はキム・キトック監督と作業スタイルが似ていた. 俳優をフレーム中で自由に解いてくれるという点で演技するのが本当に楽だった. “どんな部分は百パーセント俳優に信頼して任せる部分があって, どんな部分は果敢にあきらめる部分もありました. 現場をそのように一日一日運営して行く姿にとても果敢だという考えがたくさんしました.”

リハーサル俳優 - アメリカでの撮影は国内撮影現場と特に違った. 契約労動時間を超過する場合には刀のように超過費用を問わなければならなかったから決まった期間の内に必ず撮影を終えなければならなかった. 撮影の中で着る衣装をそのまま着て食事をしている途中ハ・ジョンウは衣装監督に小言を聞いたこともあった. 分からない人が見守れば ‘人間的な交流が全然なさそうだ’と憂慮の目つきを送るほどだった. しかしアメリカの合理的で経済的なシステムはそれにとってむしろ '楽しく演技する方法'が分かるようにした. “計画されたスケジュールは一日の内にすべて消化して, 俳優たちが最上の延期を引っ張り出すことができる環境を造成してくれることが驚くべきだったです. 特に多い手数を減らしてくれた 'リハーサル俳優'の存在は俳優が延期以外の他のものは気を使わないように手伝ってくれたんです.”

名場面, 名線社 - “地下街ソフィーに韓国語で ‘大好き’とせりふ打った部分やソフィーが尋ねて来て ‘もう私たちはこれ以上会うことができない’と言って階段をおりる場面が個人的には名線社, 名場面です." その場面を撮影する時ハ・ジョンウは感情がこみ上げることを感じた. それで節制しようと努力した. 彼は延期をする時からその場面後に地下街ソフィーに 'コンググレチュレイション'と言う部分で観客たちが笑うと予想していた. “その単語自体が韓国で会話化された部分があっているんじゃないか. その場面で笑った観客たちも時間が経てば胸がチリッされる場面で憶えると信じます.”

<ネバーフォーエバー> vs <二番目愛> - ハ・ジョンウも自ら明らかにするように <二番目愛>はナレーティブだけおいてみた時典型的だ. “題目まで <二番目愛>だから惜しい面があっています. ところで反対だと思おうとすると <二番目愛>という題目が映画が抱いている典型性を減らしてくれた剃りどの位あるようです. 惜しくはあるが悪くないようです. ところでこれ代表様が見ればさびしくてなさる.(笑い)”

ハ・ジョンウはインタビュー途中 “そうですね”を連発した. 自分の演技に対して, ファンが自分が好きな理由に対して, 愛の有效期間に対して. 彼はどんなフレーム中に自分を閉じこめるよりは規定されないフレームを作って行きたがった. 演技に対する, 俳優に対する振動ない信頼を持ってずっと駆けて来た彼は金尹錫と呼吸を合わせる次期作 <夜の熱気中に>ではドラマで引き受けた検事役とは全然違ったキャラクターを演技する予定だ. キャラクターに付け出している感じをそのまま見せてくれるという点で彼は本当に生れついた演技者だった. 私は作品に書いた表現を他の作品では書きたくないという彼の演技熱情が次の作品ではまたどんなに発揮されるか期待される.
d0100844_21333187.jpg

[PR]

  by woo2006 | 2007-06-22 10:45 | ハ・ジョンウ    하정우

<< ハ・ジョンウ “ベッドシーンで... 劇中小物オークション >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE