ハ・ジョンウ “ベッドシーンで重要なのは真正性と女俳優思いやり”

この頑なな部分(職人気質?)が好きなんだなぁ~

하정우 “베드신에서 중요한 건 진정성과 여배우 배려”(인터뷰) [2007-06-22 09:33:32]
d0100844_19142247.jpg
d0100844_19143944.jpg

d0100844_20433685.jpg

みんな魔法にかかったのが明らかだ. 周りでハ・ジョンウ(29)を嫌やがる人を見た事がないからだ. 写真記者中一人は “ハ・ジョンウと友達になってお酒一杯飲みたい位に彼が人間的で親しく感じられる”, また一女記者は “セクシーだ”と絶賛をする.

‘許してもらえない定木’に引き続き ‘二番目愛’(監督キム・ジンよ)で ‘二番目’ インタビューをしながら暴いたハ・ジョンウは一言で ‘人を心より対することができる俳優’だ. それに彼は演技したキャラクターが劇中いくら暗鬱な状況に処した人物と言っても見る人の口元に笑いを帯びるようにする位楽しさを与える妙な魅力を持った. 多分人々は賀正優の外貌で漂う人間的な魅力と彼の ‘本当(真情)性’ 延期に魅かれたであろう.

‘空は自ら助ける者を助ける’というが作品ごとに魂を捧げて演技して来たハ・ジョンウは運まで付いた. 初めて出演したドラマ ‘プラハの恋人’でボディーガードで視聴者たちに顔を知らせたハ・ジョンウは初主演作映画 ‘許してもらえない者’と ‘息’で 2年連続カンヌ国際映画祭に招かれて世界人の注目まで引いた. 最近にはドラマ ‘ヒット’に ‘コ・ヒョンジョンの男’に出演して ‘ワンソギムゴム’という愛称まで得て愛を一身に受けた. 実はハ・ジョンウが初めて言論報道に至ることを上り下りしたことは ‘タレント金用件の息子’であるからだった. しかし金用件の息子というハ・ジョンウの背景は彼の真正性延期の後に選り分けられていつのまにか人々の脳裏で忘れて行った.

ソウル新沙洞一スカイラウンジで会ったハ・ジョンウは薄赤くものもらいが生えた目で現われた. 目ものもらいはこのごろ彼の日常を言ってくれた. 一日 3時間ずつ眠りながら撮影した ‘ヒット’が終わるやいなや ‘二番目愛’ 広報日程まで, 一日が 25時間でも足りない位だ.

ハ・ジョンウは 20日封切りした韓米合作映画 ‘二番目愛’で外国女俳優切りなさい派米価との美しいベッドシーンを消化した. ハ・ジョンウは劇中白人女性ソフィー(切りなさい派米価)とボーダーレスな愛をするアメリカ不法滞留労動者金芝河に変身した. ‘二番目愛’は恋人をアメリカで連れて来るためにお金が必要だった韓国男金芝河と不妊である夫のために子供が必要だった白人女ソフィーの間で成績な取り引きがある後尋ねて来る愛を描く.

#恐ろしく上昇する俳優ハ・ジョンウ
ハ・ジョンウを称えて ‘現在一番上昇速度が早い俳優’と言っても過言ではないだろう. ある映画週刊誌で ‘韓国映画界が注目する俳優 1位’に選定されるほどだ. 中央大学校東門たちが集まって作った卒業作品映画 ‘許してもらえない者’(2005, 監督ユンゾングビン)で頭角を現わしたらキム・キトック監督の ‘時間’, ミュージカル映画 ‘九尾狐家族’, またキム・キトック監督の ‘息’を通じて新人としてじょうじょうの良い演技授業を受けた.

“韓米合作映画人 ‘二番目愛’で海外進出を模索するために出演した理由もあったが地しなさいというキャラクターが気に入りました. マンハッタンで暑さで人が死んだというニュースが出るほど暑い気候の中で 6週の間 25回次を撮影しました. 攝氏 40度を上回って汗を本当にたくさん流しました.”

新人として珍しい多様な色の演技を見せてくれているハ・ジョンウは韓日合作映画 1号 ‘二番目愛’でアメリカ進出に挑戦した. 成果も良かった. 賀正優は ‘二番目愛’(原題 ‘ネバーフォーエバー’)が去る 1月サンダンス映画祭米画競争部門にノミネートになって現地言論の集中的なスポットライトを受けた.

#彼の頭の中には ‘スター’ ない ‘俳優’という字だけ
‘ヒット’が終わる頃ハ・ジョンウに出演提議が入って来た CFらがかなりあった. お父さんである金用件とともに取ろうという CFもあったし ‘ヒット’ チームとともに撮影しようということもあった. もちろん単独で取ろうという CFも多くの便あったが作品スケジュールがあわなくて丁寧に遠慮した. ハ・ジョンウは一日だけ苦労して何億ずつ受ける CFを何便撮影して映画やドラマは 1年に 1楽だかどうかと思うそのほか俳優たちとは違った. 彼は作品日程と当たらなくて丁寧に断った CFがあるほどに ‘スターハ・ジョンウ’ではない ‘俳優ハ・ジョンウ’をもっと重要視した. それにハ・ジョンウは次期作で大衆性より作家株の性向が濃いキム・キトック?ユンゾングビン監督の低予算映画たちに相次いで出演する計画だ.

多くの CFに出演してスターになるように願う俳優ではない多様な作品を渉鮮して最高の俳優になるように願うハ・ジョンウ. “ドラマでも映画でも作品に参加する目的が明らかで真正性がなければならない”と言う彼は ‘二番目愛’でも真正な目的を計算した. 人を対する時も, 仕事をする時も常に心より臨むハ・ジョンウは座右の銘も ‘本気’と係わっている.

“座右の銘が ‘真実に生きよう!’です. 私のプロフィールにもそんなに少なかったんです. そんな意味で毎日ではないとしても日記を書きます. 特別な事があったとか大切に憶えなければならないものなどがあれば使います. 相手を対する時も ‘生かじり’式仕事の処理や対人関係が嫌です. 何の事をしても ‘思いやり’が重要です.”

#激情ベッドシーン撮影時女俳優思いやり一番重要
キム・キトック監督の映画 ‘時間’(2006)でもベッドシーンを撮影した事はあったが激情メローを標榜する ‘二番目愛’位ではなかった. ハ・ジョンウの露出に人々がどんな反応を見せるか心配になった記者は試写会を通じてその心配を解消することができた. 露出より延期が先に目に入って来たからだ.

“幸いです. 私は露出に対する心配よりは他の部分を心配しました. シナリオを最後まで見てからは 24時間もならなくて出演決断を出したんです. ベッドシーンでエロス的な部分よりは人物たちの間の感情がポイントなのに観客方々がこれをキャッチすることができるかを心配しました. アクターがこんな作品に出演することにおいて… ニコルラスケージも ‘愛慾のザンダリ’ ‘ラスベガスを発って’ など露出が手強い作品に出演したが見る視覚差なみたいです. そしてベッドシーンで一番気を使う部分は女俳優に対する思いやりです.”

このごろになって女俳優とのラブシーンがうんと多かった賀正優は ‘二番目愛’の女俳優切りなさい派米価との激情ベッドシーンに引き続き 5月終映されたドラマ ‘ヒット’のコ・ヒョンジョンとも濃いベッドシーンとキスシーンを撮影した.

#映画ためにゲイ町内であるニューヨークチェルシーでマネージャーと同居
ハ・ジョンウは今度映画の地下を演技するために撮影 2ヶ月の前ニューヨークに渡ってアメリカ労動者としての生活を体験した. 90%が英語せりふに成り立ったことに備えて英語も習うことを兼ねあらかじめアメリカに発った.

“去年に ‘九尾狐家族’ 撮影を終わらせて 7月初にニューヨークに渡って 2月の間ゲイたちが集まって住むチェルシーでマネージャーとふたりきり住みました. 地下を演技するために現地生活を経験して英語実力もふやすことを兼ね真書撮影の前にあらかじめその所で労動自適な生活をしたんです. その所ほとんどすべての男たちはゲイなのにマネージャーと私ではなかったから自然に地下街他地で経験した孤立感を感じました. 延期に助けになったんです. アメリカで不法滞留者で生きて行く地下道アメリカ社会で孤立したキャラクターですよ. ゲイ町内だと男たちが生活するにはとても楽だったです.”

ハ・ジョンウにニューヨーク生活はあまり不慣れではなかった. 1997年演劇科に通った大学時代友達と一緒にニューヨークで映画を作ったからだ. 彼は 2002年映画 ‘マドレーヌ’でスクリーンにデビューしたが真正なデビュー年度は 1997年と言いながら当時を回想した.

“97年大学時代友達と一緒にニューヨークで小さな映画を撮りました. それで今度映画のニューヨーク撮影と生活が慣れたんです. 当時映画は韓人(韓人) ギャングが主人公で出る作品だったです. あの時頃から語学研修もして英語を準備しました. 俳優生活しながら英語が必要だろうと思って準備しました. あの時から映画を始めて作品を絶えずして来ました. 今のように知られなかったがその時代には演劇をしながらも難しいとは思わなかったです. 寒くてお腹がすいていることも分からなかったんです. ‘毎作品ごとに熱心にしているね’と思いながら私自分を押し堅めました.”

このような ‘有備無患’ 精神おかげさまに 90%が英語せりふだった ‘二番目映画’で彼は驚くべきな位に上手にせりふを処理した.

#‘ワンソギムゴム’ 理想型は ‘ぱっとひかれる人’
ハ・ジョンウは理想型を問う質問に対しては “‘心がぱっとひかれる人’にまだ会うことができなかった”や “年上年下, 年に構わなく全体的な感じが重要だ”と言った. ‘許してもらえない者’ 時までにしてもガールフレンドがあったが現在はないと明らかにした. 何をしても本気が重要なハ・ジョンウは愛に陷る時もガールフレンドを暖かく取りそらえてくれるスタイルだ.

“私も ‘二番目愛’ 金芝河のように愛をするようになれば女によくしてくれるスタイルです. 地する ‘一番目愛’である韓国ガールフレンドをアメリカに連れて来るためにしつこくお金を儲けるんじゃないか. ‘二番目愛’であるソフィーのためにはささいなことみたいだが安物な家窓卦けとベッドカバーを変えます. 私も恋愛する時はそんなちょっとしたことに気を使います. 感受性が鋭敏なせいでしょうか?”

男らしい魅力をぷんぷんと漂う俳優ハ・ジョンウは自分の短所で ‘鋭敏な感受性’を指折った. ‘外部世界の刺激を受け入れて感じる性質’である感受性が鋭敏なことは俳優に生きて行くのに大変重要な元肥になる. そのためかちょっと暗い性格の地下を演技した ‘二番目愛’ 撮影後巻く事が減ったと言う.

#俳優の道固執応援する ‘ファンレターは私の力’
‘ハンサムだよ, 格好よい’よりは ‘俳優の道に行く姿が良い’と言うファンの呼応と応援がもっと聞きよいという賀正優はそんな内容のファンレターを受ければ力を得ると言う. ファンレターに対して返事もたまにするという彼はファンからもらった手紙内容を公開した.

“20,30代女ファン方々が応援のファンレターをたくさん送ってください. ファンレターを見れば ‘一度も俳優にこんな手紙送った事がなくて恥ずかしいが送る’と言う内容で送ってくれた方々もいらっしゃいます. 結婚した方々も送ってください. そんな手紙を読みながら ‘私を俳優に見なくて男に見るか?’と言う(のは)考えもするようになります.(笑い) 感謝するだけです. たまにファンが私に対して気になるとか誤解する部分があれば電子メールに返事したりします.”

#低予算映画でカタルシス感じる
今年下半期にはキム・キトック監督とユンゾングビン監督の作品など主に低予算映画にたくさん出演するハ・ジョンウは “私におもしろい作業である低予算映画にカタルシスを感じる”と強調した. ハ・ジョンウは今秋ユンゾングビン監督の ‘ビスティボイズ’でホスト厭うことを引き受ける予定だ.

“そしてナホングジン監督様のスリラー映画 ‘夜の熱気中に’で連鎖殺人犯役目にも挑戦するようです. 7月末頃撮影するようなのに殺人犯キャラクターで変身するため ‘ヒット’ 時増えた体重を減量しています. ‘ヒット’のギムゼユン検事とは違い今度は最大限鋭く見えなければならないんですよ.”

‘ヒット’ 撮影スケジュールのため好きなスイミングを 6ヶ月間できなかったと惜しがったハ・ジョンウはその間できなかった趣味生活であるスイミングを含めてピアノ演奏と写真撮影を思う存分したいと願った. 滞った雑誌画譜撮影と予備軍訓練も受けなければならないという彼は 24日まで舞台あいさつを終えた後 7月から次期作を準備して新しい姿に帰って来る.
[PR]

  by woo2006 | 2007-06-22 19:12 | ハ・ジョンウ    하정우

<< ハ・ジョンウ, ‘ワンソギムゴ... ハ・ジョンウインタビュー「長続... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE